スポンサードリンク

2013年09月22日

子宮内膜症とは

子宮内膜症は、子宮の内側だけにあるはずの子宮内膜が、子宮の内側以外の場所にできてしまう
病気です。

本来子宮内膜と同じように、生理と同じサイクルで女性ホルモンの影響を受け、
増殖や出血を繰り返してしまいます。

子宮以外では、増殖した内膜や血液は体外に排出することができません。

毎月くる生理のたびに炎症を起こし、閉経するまで少しずつ進行していきます。

自覚症状といえば、過多月経が知られています。


下のチェックで半分以上当てはまるようなら、子宮内膜症や子宮筋腫などを疑い、
一度婦人科を受診してみましょう。


・生理のたび、痛みがひどくなる

・生理痛の薬が効きにくい

・生理の経血量が多くなってきた

・生理後も出血がだらだら続く

・レバーのような塊状の血がでる

・経血量が多くて貧血気味

・排尿や排便時に痛みがある

・トイレが近い

・吐き気・嘔吐・下痢

・不妊状態

・月経以外の下腹部痛

・下腹部が張った感じがする

・外陰部に痛みがある

・肛門や腰が痛い

・性交痛がある



以前は30〜40代に多い病気でしたが、初経の年齢が早くなってきてるため、
患者さんも低年齢化し、最近は10〜20代の女性に増えてきています。

子宮内膜症は慢性疾患であり、閉経まで長くつきあっていく病気です。

激しい生理痛や、さまざまな症状のため、日常生活にも影響を与えるので、
早めに婦人科で治療することをおすすめします。

一人で悩まず、気軽に相談できるかかりつけ医をみつけ、婦人科を受診してみましょう。


不妊治療


2013年09月21日

子宮内膜症と不妊

子宮内膜症と不妊の関係について

現在10組に1組は不妊症に該当するといわれてます。

子宮内膜症と不妊症の因果関係は完全には解明されてませんが、
子宮内膜症の人はそうでない人よりも受精、着床を妨げる物質が多く分泌されているため不妊になりやすいようです。

子宮内膜症の人すべてが不妊というわけではありません。

子宮内膜症は、不妊の直接の原因までにならなくても、不妊を引き起こす重大な問題になります。

このため、不妊治療をする場合では子宮内膜症そのものの治療より、
できるだけ早く妊娠するための治療を優先させることになります。

内視鏡手術で病巣を取り除いたり、癒着を剥がす手術療法、体外受精を試みる場合もあります。

いずれにしても早期発見と早期治療が大切です。

ひどい月経痛、性交痛、排便痛など、子宮内膜症にみられる症状がある場合はは早めに受診しましょう。

一方、不妊症にはさまざまな原因がありますので、男性側の精子の問題など、それ以外の原因についても検査することが必要です。



子宮内膜症が不妊を引き起こす機序

1.卵管周囲癒着、卵巣の癒着→卵管運動性の障害、卵管のピックアップの障害

2.卵巣チョコレート嚢腫による卵胞成育の障害

3.子宮腺筋症では着床障害

4.腹水中の細胞成分や生理活性物質の変異→受精・着床の阻害





2013年09月20日

子宮内膜症の対処療法

子宮内膜症の治療方法は、薬物療法と手術療法があります。

薬物治療では対処療法とホルモン療法があり、それぞれピルを使用し、
生理をコントロールするなどの方法になります。

手術療法は、病巣を取り除く方法で妊娠する希望するかどうかで決めます。

早く妊娠したい人で卵巣チョコレート嚢胞のある場合は、薬物療法よりも手術を優先したほうが
いいでしょう。

直接、妊娠の妨げになっている癒着をはがします。

すぐに妊娠を希望しない場合でも、卵巣チョコレート嚢胞が直径5〜6cmを超えているときは、
早めに手術を考えておいたほうがいいでしょう。



〇鎮痛薬(NSAIDs)

炎症を抑え、子宮内膜症の症状である痛みを軽減します。

鎮痛薬には生理時に痛みを引き起こす、子宮の収縮を促す物質の発生を抑える働きがあります。

種類が多く、人によって効果が違います。

主としてプロスタグランジンの合成阻害作用をもつポンタール、ロキソニン、
ボルタレンなどの非ステロイド性鎮痛薬を月経前から投与します。


〇ホルモン療法

これらは、すべて病院や医院を受診して処方してもらう薬ですが、原因となる病気によっては
、使われる薬が異なります。


GnRHアゴニスト(偽閉経療法)


閉経後のように、女性ホルモンの分泌を低下させて排卵・生理を止め、子宮内膜の増殖を抑えます。

副作用としては更年期様症状、骨量減少などがあります。


・点鼻タイプ

鼻の粘膜に噴霧して使うスプレー薬。

点鼻薬は月経の1日目から2日目に1日3回程度、1回ずつ左右の鼻にスプレーします。

また片側の鼻だけの物もあります。

投与期間は最長6カ月。 手軽に投与できます。


・注射タイプ

4週間に1回、上腕や腹部に皮下注射する。

男性ホルモンの誘導体を使い女性ホルモンの分泌を抑え、閉経の状態にし、
子宮内膜の増殖を抑えます。

また、子宮内膜症病変に直接作用し、病巣を小さくします。

投与期間は最長6カ月。


・黄体ホルモン剤

子宮内膜を着床しやすい状態にし、乳腺を発達させたり、子宮筋の緊張をゆるめる働きが
あります。

月経として内膜がきちんと剥がれるためにも不可欠です。

2008年には新しい黄体ホルモン剤が保険適応となりました。
このお薬には排卵を止め、女性ホルモンの上昇を抑えて、子宮内膜の増殖を抑える作用が
あります。


・低用量ピル (排卵を止め、生理を軽くする)

ピルはの服用で排卵を止め、子宮内膜の増殖を抑えます。

薬を休む期間に生理が始まりますが、ホルモンをコントロールして、生理痛を軽くします。

毎日1錠ずつ服用してください。

これを約3週間持続して、1週間服用を停止しましょう。



〇手術療法

・保存手術

子供を産むために必要な臓器を残すための手術です。

病巣部の癒着をはがす、卵巣内のチョコレート嚢胞を処置するなどがあります。

ただし、小さな病巣や隠れた部分の病巣は処置できずに、再発する可能性もあります。

・準根治手術

症状が重く、子供望まないという人に対して、子宮を全摘出し、片方の卵巣などを残す手術です。

生理がなくなり、ひどい痛みから解放されます。

さらに健全な部分の卵巣を残すことで女性ホルモンが分泌され、更年期症状を防ぐことができます。

卵巣機能は温存されます、そのため内膜症の再燃の可能性があります。。 


・根治手術

症状が非常に重い場合、左右の卵巣と子宮を全部取り除く手術です。

生理がなくなり、ひどい症状から解放され、再発の心配もないですが、
女性ホルモンの分泌がなくなるので、のぼせ、うつなどの更年期障害・
骨粗鬆症などが起こってきます。

閉経が近い場合、この手術を選ぶことが多いですが、閉経まで期間がある場合は、
準根治手術の方を選ぶほうがようでしょう。


2013年09月19日

ピルの効用と副作用

子宮内膜症の治療にピルを服用すると、排卵後から生理が来るまでの状態あるいは、妊娠している時と同じ状態を作り出すことになります。
 

以下のような治療に役立ちます。


<ピルの効用>
 
  1.ホルモンバランスが崩れ不正出血を起こしている場合

  2.生理痛がひどい場合(子宮内膜症など)

  3.生理不順のため、生理を起こしたい場合

  4.予定生理をずらしたい場合

  5.月経前緊張症に対して

  6.避妊目的   


<ピルの副作用>


低用量ピルを飲みはじめると、体内のホルモンバランスが今までと違う状態になり、
その状態になれるまで一時的に症状がでることがあります。


頭痛・吐き気

飲み始めて頭痛や吐き気が起こっても徐々になくなりますのでご安心下さい。


〇 出血・乳房痛

最初の1〜2ヶ月目は不定期に出血や乳房の張りなどが起こる場合もあります。服用中に治まることが多いです。


〇血栓症

血液凝固能が亢進されるため、血栓症を起こしやすいです。高血圧の方、心臓に疾患のある方
(特に狭心症や心筋梗塞)、
高脂血症・高コレステロール血症の方、脳血管障害(脳卒中など)のある方は注意しないと命の危険があります。

ふくらはぎの痛みや腫れ、激しい頭痛や胸痛などの症状がある場合には早めにかかりつけ医にご相談ください。

またタバコを吸う人は血栓症の危険性が高くなります。禁煙されることをおすすめします。


〇肝機能障害

ピルはホルモン剤なので、その代謝は肝臓で行われます。定期的に検査をしておいたほうがいいでしょう。
 
どはよほど注意しないと命の危険があるということを意味します。決して多いと言える副作用ではありませんが、しかし忘れてはならない副作用でもあります。
  
〇子宮筋腫への影響

子宮筋腫は、エストロゲンに依存して増大するといわれています。
ピル内服により筋腫が増大する可能性がありますので、子宮筋腫を持っている方は注意しましょう。
   
〇カンジダへの影響

ピル内服により、カンジダ膣炎を起こしやすくなります。このことは妊娠中にもいえます。
 
   
〇体重増加

短期間で体重が増えることはありませんが、服用を続けていくうちに次第に肥満傾向が現れてきます。
水分が貯留しやすくなるため、むくみやすくなります。
   

〇乳腺肥大

胸が張って大きくなります。胸が張ることによって、痛むということもあります。
  

〇性欲減退

妊娠中と同様、ピル服用中は性欲が減退してきます。
  
〇その他

糖尿病がある場合、悪化する可能性があります。
家系に糖尿病の人のいる方は注意して下さい。


   
 
<服用方法>

21日間服用のものと28日間服用のものとがあります。

21日間服用のものに、プラスしてプラセボ錠(ホルモンの入っていない薬)を7日間服用するようにしたものが28日間服用するタイプです。

21日間服用のものでは、服用を終えると7日間休んで生理を迎え、
休薬を終えたらまた新しいシートの錠剤を服用するという服用方法をとりますが、
この休薬期間をおくことで次のシートの薬を飲み忘れがないようにするために、
プラセボ錠を服用しておくのが28日間服用タイプのものというわけです。



<服用してはいけない人>

・原因不明の不正出血のある人

・以前に経口避妊薬で過敏症をおこしたことのある人

・35歳以上で1日15本以上喫煙する人

・血栓性素因のある人

・子宮体癌、子宮筋腫、乳癌などのエストロゲン依存性腫瘍、子宮頸癌を罹患している人、及びその疑いのある人

・4週間後に手術を予定している人、手術後2週間以内の人、産後4週間以内の人、および長期間安静状態にある人

・血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患にかかっている人、またはその既往歴のある人

・高血圧のある人 

・肝腫瘍のある人 

・抗リン脂質抗体症候群の人(こちらを参照)

・脂質代謝異常のある人 

・重症の肝障害のある人

・妊娠中に黄疸、持続的なかゆみまたは妊娠ヘルペスの症状が現れたことのある人

・妊娠または妊娠している可能性のある人

・授乳中の人 

・耳硬化症のある人 

・思春期前の人
  


2013年09月18日

子宮内膜症とうまくつきあうために

子宮内膜症とうまくつきあうためにできること


〇体を温める、免疫力を高める

免疫力を高め、血行をよくすること。

体を冷やさないようにする。

睡眠を充分とり、疲労をためないことが大切です。


〇鎮痛剤を上手に使う

痛いときは無理せず、鎮痛剤を服用する。

我慢すると薬の効きが遅く、悪くなることがあります。


〇無理をしない

体調がすぐれない時は、ゆっくり休むようにします。

無理をせず、疲れをためないようにします。

日常生活の中で生理痛がひどいときは無理をしないで、生理休暇をとったり、家事も手抜きしましょう。

できれば周囲の人に、どういう病気か理解してもらいましょう。

ストレッチや半身浴をしたり、きつい下着で腹部をしめつけないなど、痛みとつきあうアイデアも積極的に取り入れるといいでしょう。

〇信頼できるかかりつけ医を探す

信頼出来る医師を探し出す。

病気の正しい知識を持ち、自分の病状を把握すること。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。