スポンサードリンク

2013年09月18日

子宮内膜症とうまくつきあうために

子宮内膜症とうまくつきあうためにできること


〇体を温める、免疫力を高める

免疫力を高め、血行をよくすること。

体を冷やさないようにする。

睡眠を充分とり、疲労をためないことが大切です。


〇鎮痛剤を上手に使う

痛いときは無理せず、鎮痛剤を服用する。

我慢すると薬の効きが遅く、悪くなることがあります。


〇無理をしない

体調がすぐれない時は、ゆっくり休むようにします。

無理をせず、疲れをためないようにします。

日常生活の中で生理痛がひどいときは無理をしないで、生理休暇をとったり、家事も手抜きしましょう。

できれば周囲の人に、どういう病気か理解してもらいましょう。

ストレッチや半身浴をしたり、きつい下着で腹部をしめつけないなど、痛みとつきあうアイデアも積極的に取り入れるといいでしょう。

〇信頼できるかかりつけ医を探す

信頼出来る医師を探し出す。

病気の正しい知識を持ち、自分の病状を把握すること。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。